2013年11月 4日 (月)

ドイツのLTE

3年ぶりのドイツ、今回はデュッセルドルフです。
デュッセルは7年ぶりの訪問、街はあまりかわってませんが、ここでもLTEは既に3社が
サービスしています。T-Moble、Vodafone、o2の三社です。一部カテゴリー4な下り
150Mbpsも稼働しているそうですが、問題は回線の調達。まずローミングはLTE網へ入れません。またプリペイドSIMもLTE対応は無いようでにっちもさっちも行きません。
先に訪問したイギリスは、LTE対応SIMがさくっと買えることを考えるとハードルが高い。
おそらく契約回線でないと、LTEは使わせないようです。

2013年8月28日 (水)

LTEエリア最前線 ELUGA P(P-03E) 道後温泉から

LTEエリア最前線 ELUGA P(P-03E) 道後温泉から
LTEエリア最前線 ELUGA P(P-03E) 道後温泉から
本日は午前中、道後温泉の本館で温泉に浸かりました。風情ある佇まいは何とも旅情を誘います。
平日の午前中ということもあり、ガラガラでのんびり楽しめました。
雲の湯だと、入浴後に二階の大広間で休憩ができます。にて、早速LTEの速度テスト。時間の都合上、Xiのみで測定です。
予め、SC-04Eでエリア状態確認すると、ここ道後温泉の屋内はBand21(1500)ではなくBand1(2100)を掴みます。
帯域幅は10MHzにて、ここ最近のドコモLTEのスタンダードのような環境。測定画像はSC-04Eのものですが、ELUGA P(P-03E)もほぼ同等のパフォーマンスでした(スクリーンショットし忘れましたw)。
物凄い速い訳ではありませんが、普通に使うには必要にして十分な速度です。
実は3か月前にも道後温泉には来たのですが、その際はSO-02Eで測定した結果は週末で大混雑も災いしてかXi下り10Mbps以下でした。
四国は全般的にドコモがXiのパフォーマンス強化のピッチが早いので、多少改善されていた可能性もあります。
残念ながらBand21(1500)は捕捉出来ませんでしたが、松山市内はこのBand21がかなり広がっており、早く道後温泉周辺でも安定して繋がるようになると嬉しいです。

2013年8月27日 (火)

LTEエリア最前線 ドコモXiのカテゴリー4エリア 松山市から

LTEエリア最前線 ドコモXiのカテゴリー4エリア 松山市から
愛媛県松山市内に来ています。四国は県庁所在地を中心にXiのband21 1500MHzの15MHz帯域幅のハイスピードLTEが展開されています。松山市内の城西中学校付近は特にスループットが良いと聞き測定にやってきました。ELUGA P P-03Eで測定すると、なんと90Mbps近い凄まじい高速なあたいを叩き出しました。auとSoftBankのLTEでも各々測定しましたが、とにかくXiが圧倒的。このハイスピードLTEは松山に限らず徳島や高松、高知でも展開されており、感動的とも云えるストレスフリーな通信環境で、日頃混雑に悩まされる?首都圏在住の筆者にとっては羨ましい存在です。このband21ことLTE1500はまだ首都圏では使えない周波数で、やっと来春から展開されるそうです。このLTEハイスピード、首都圏でも体感したいですね。

LTEエリア最前線 auのカテゴリー4 愛媛県新居浜市

LTEエリア最前線 auのカテゴリー4 愛媛県新居浜市
新居浜市に来ています。ここはauが先行してLTE2100の帯域幅15MHzのサービスを開始しています。我がURBANO L01は捕捉している周波数は分かりませんが速度結果から、恐らくはこの15MHz幅を掴んでいると思われます。それにしても70Mbps超というのはかなり体感でも速く、早期に全国展開して欲しいですね。

2013年8月25日 (日)

LTEエリア最前線 静岡県沼津市

LTEエリア最前線 静岡県沼津市
先日訪れた静岡県沼津市の沼津駅前での、au LTEからのスクリーンショット。URBANO L01からにて周波数800/1500/2100どれを捕捉かは不明ですが、恐らくは800MHzでしょうか?非常に快適で遅延なく通信出来て居ます。ドコモのXiもエリアなのですが、auほど快適ではありませんでした(沼津駅前に関して)。LTEのエリアは各社とも宣伝に躍起になっていますが、東名阪だと私的感覚ではauが全般に良く、都内や神奈川県だとSoftBankも負けていない感じ。docomoのXiは23区内はだいぶ改善されましたが、神奈川県は横浜や相模原や小田原なども穴が多くてといった印象。お隣の静岡県も、やはりauはLTEが強い感触です。あくまで自分の行動した範囲内ですが。

2013年8月24日 (土)

ドコモショップ珠洲店

ドコモショップ珠洲店
能登半島へ行った時に立ち寄った、ドコモショップ。田舎のショップは全般的にすれてなくてほのぼのした雰囲気でとても良かったです。決して広くない店舗、しかし店内、ドコモWi-FiもXiもちゃんと対応しています。

LTEエリア最前線 島根県浜田市

LTEエリア最前線 島根県浜田市
今年6月には、島根県西側の浜田市に行きました。今は豪雨で大変なようですが、他の地方都市同様に寂れが感じられます。
浜田駅は、改築され立派になりましたが。かつては東京からブルートレインの出雲号の終着駅だった主要都市でもあります。
さて、LTEはここでも利用可能となっておりauとドコモのXiは駅周辺は概ねカバーしています。
ここも、果たして利用者がどれだけいるのかは怪しいものですが、官庁の合同庁舎もあり使えることに越したことはありません。駅から徒歩五分位の場所にドコモショップがあり、早速訪問。愛用のSO-02Eで測定するとなかなかの結果。浜田駅周辺はWi-Fiスポットも皆無に近く、快適なLTEが使えるのは旅行者にも嬉しい限り。少し離れてますが石見銀山のゲートウェイとしても活用できる浜田。浜田市内はセブンイレブンも数店舗ありインフラも整っており高速バスで広島へのアクセスも容易。機会あればまた訪問してみたいです。

Xperia™から送信

LTEエリア最前線 石川県珠洲市

http://db.tt/ZHfVd289

7月に訪問した、石川県能登半島の東端、珠洲市。こちらはもう随分前に鉄道が廃止されてしまいアクセスが困難。なんと金沢から急行バスで三時間もかかります。恋路海岸など風光明媚な場所もあり観光には魅力的な場所でもあります。こんな辺鄙な(失礼)もLTEは使えauはかなり広範囲。Xiは若干弱いながらも市役所や病院、ドコモショップはカバーしてます。周波数はドコモはband1の10MHz、体感速度は充分実用的。ここでもLTE使えるのは感動ですが、穴水同様に利用者はあまりいないのではないでしょうか。何しろ行くのが大変、金沢行き急行バスの終発は15時頃ですから、それなりの覚悟?が必要です。車なら、難なくアクセス出来ると思いますが。画像はドコモショップ珠洲店からのXperiaZです。

LTEエリア最前線、石川県能登半島の穴水

LTEエリア最前線、石川県能登半島の穴水

7月に石川県能登半島へ行きました。能登半島は広く鉄道も大幅に廃止されたので移動は専らパスです。ここ穴水は珠洲に行く途中に立ち寄りましたが、鉄道の終点かつ高速道路のインターもある交通の要所にて、Xiが入りました。北陸では先行している、15MHz帯域ではなく、オーソドックスなband1 の10MHz幅でしたが、これだけのパフォーマンスが出れば文句なしです。まあ、穴水でXiスマホ使っている割合は少ないとは思いますが。因みに測定はSC-04Eで実施しました。


Samsung Mobileから送信

2013年8月 3日 (土)

長崎県北部からのELUGA P

長崎県北部からのELUGA P
ELUGA PはXiの掴みが改善されて、感度とパフォーマンスはかなり良い感じです。

«ELUGA Pの感度